院内感染予防対策(第二種歯科感染管理者資格取得)

ミーレジェットウォッシャーG7891の導入

VGJP_Prof_G7891.jpg

歯科治療には観血処置が多く、院内での感染予防対策としてウォッシャーディスインフェクターを導入しています。

空気や水の出るシリンジの先端も使い捨てを使用しています。

クラスBオートクレーブ、ハンドピースメンテナンス、高速オートクレーブ、オゾン水洗浄など細心の注意を払い滅菌を行っています。

第二種歯科感染管理者資格を取得し確実な滅菌工程を行っています。

多くの患者さんに当院のこのような取り組みが高く評価されているようです。

 




ys-a-c501b.jpgsisetu_tiryou_3.jpgclean_img01.jpgJMMC_EXClave2_highlight_1.jpg

機器紹介(研鑽を積み、正しく安全に)

歯科用顕微鏡:カールツアイス社製=ドイツ

歯科用CT、Er-Yagレーザー:モリタ=日本

エアフロー:EMS社=スイス

overview_pico_224x168_2.jpgct.jpg

 

layser.jpg      MN-T_airflow.jpg 

正確な診断のため、高精細で低被爆のモリタ社製の歯科用CT、精密な歯科治療のためにカールツアイス社製の歯科用顕微鏡を導入し、歯周治療や歯内治療に活用しています。

さらにEr-Yagレーザー(アーウィンアドベール モリタ社製)、EMS社エアフローを導入し、しっかりと研修を積んだ歯科医師、歯科衛生士が歯周治療へ使用しています。

先進機器と知識と技術により「患者さんにやさしい先進歯科治療」を行います。