院内感染予防対策

ミーレジェットウォッシャーG7891の導入

VGJP_Prof_G7891.jpg

歯科治療には観血処置が多く、院内での感染予防対策としてウォッシャーディスインフェクターを導入しています。

空気や水の出るシリンジの先端も使い捨てを使用しています。

クラスBオートクレーブ、ハンドピースメンテナンス、高速オートクレーブ、オゾン水洗浄など細心の注意を払い滅菌を行っています。

 









 

機器紹介(研鑽を積み、正しく安全に)

歯科用顕微鏡:カールツアイス社製=ドイツ

歯科用CT、Er-Yagレーザー:モリタ=日本

エアフロー:EMS社=スイス

overview_pico_224x168_2.jpgct.jpg

 

layser.jpg      MN-T_airflow.jpg 

当院では高精細で低被爆の歯科用CT、歯科用顕微鏡を導入し、歯周治療や歯内治療に活用しています。

さらにEr-Yagレーザー(アーウィンアドベール モリタ社製)、EMS社エアフローを導入し、しっかりと研修を積んだ歯科医師、歯科衛生士が歯周治療へ使用しています。